fc2ブログ

記事一覧

国別インデクスに地図を貼ってみました


国別インデクス地図を貼ってみました。
今まで行った場所、航空路を網羅してます。
まずは全体図。日本が中心でないのはアンカレジ・欧州間を載せたかった為、日本から東は別の地図にします。


それぞれの場所にマウスオーバーするとツールチップで場所と下のボタンに対応した年が表示されます。
アンカレジには1987年と1990年に経由しました。


1987年のボタンをクリックすると地図が変わります。この年はアンカレジ経由でヨーロッパへ行きました。行った場所は赤、経由地等は黒。航空路は青、陸路、海路は赤です。
マウスオーバーした地点をクリックするとその地点のページへ移ります。アンカレジはこちらですが旅行記になってませんので内容はありません。
また国旗と海外旅行回数と時期を文字で表示してます。


1990年はモスクワ経由とアンカレジ経由で世界一周したことになります。モスクワは1990年と1991年に経由してますがソ連時代だったことにあらためて気づきました。冷戦末期とは言え、一度の旅行で米ソの2大国に立ち寄れるルートでした。またこの時は大韓航空でしたがまだソ連との国交樹立前です。韓国は入国する予定が無かったものの帰りの便が遅れて成田行きに乗り継げず1泊の初韓国でした。ドイツはこの時まで西ドイツです。しかし、回数の割に未だ旧東ドイツには行ってません。
国旗はその年に行った国を表します。国旗が小さいのは経由地。また鉄道で通過のみした国もこの扱いにしました。
国旗をクリックするとその国のページへ移ります。ロシア(ソ連)はこちらです。


1998年。国旗の補足です。この年からバンコク発券を始め、海外旅行の回数が一気に増えました。どの海外旅行回数(月年)にその国へ行ったか、またその国へ行った回数も国旗のツールチップから分かります。海外旅行回数は日本出国で数えてます。その国へ行った回数も、日本出国から入国まで何度入国しても1回と数えます。タイは2022年12月までに90回と数えてますが、実際の入国印の数は100以上あるはずです。


2001年。この年が一番ヨーロッパを往復してるようです。
海外旅行回数(月年)にマウスオーバーするとツールチップで滞在した都市を表示します。2002年以前の旅行記が無いので、その旨も記載してます。


2003年。ここで扱ってる最初の年です。旅行記の目次ページにリンクしてます。60(8/2003)はこちらです。ホームページを作成しようと思ったきっかけのRTWを始めてます。また旅行記になってない最後は2004年の68(6/2004)。行き先はグアムでした。


当初、RTWは別目次にしていたので、目次ページが複数ある場合は1,2で分けてます。88(12/2006-1/2007) 1。シンガポール、ジャカルタは2です。2008年の98(5/2008)も香港までと香港からで分けてます。
また年末年始の目次ページは出発年基準でしたが、ここでは滞在日数の長い方にしました。


日本の西側の地図です。
2009年。当初、西側はシカゴまで表示してましたがオーストラリア大陸が欠けるので、オーストラリアの東端までの表示に変更してます。グアム、サイパン。今後、行くかもしれないオーストラリアは次の日本の東側の両方に載せようと思います。また日本から東にアメリカ大陸を往復した航空路は省略してます。


日本の東側の地図です。
2007年。カルガリー市内を往復するつもりでしたが渋滞で難しいと言われ諦めました。入国印も貰ってターミナルの外に出てますが、未だカナダは行っていない国としてます。日本から西の航空路はアメリカ大陸まで続いた場合のみでそれ以外は省略してます。


ヨーロッパの地図です。
上の3つの地図では網羅できない地点はこちらで確認できます。
1993、1995年にオーストリア。1996年にフランスを列車で通過してますが、それならと1988年にリヒテンシュタインを追加してます。チューリヒからインスブルック間の鉄道はリヒテンシュタイン領内を通過します。前のオーストリア、フランスはパスポートチェック受けてますが、いずれも入国としてはカウントしてません。


アジアの地図です。
こちらも上の3つの地図では網羅できない地点を確認できます。
1998年。謎のようなマニラ経由。香港からマニラを往復してますが未入国です。往路はエールフランス、帰路はスイス航空。デルタ航空のキャンペーンで多くの航空会社を乗る必要があった為、香港から往復してます。

当ブログのプロフィール欄の下からもリンクしました。
スマホでもツールチップ出力するつもりでしたが、国旗などの可変部分がうまく出ないようで未対応です。地図部分だけでもまずは出るようにしたいと思います。
また日本国内も追加予定です。

長々と大空で乾杯!の宣伝でした。
それより早く旅行記を書けと。失礼しました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

ユーザータグ

オーストラリア シドニー 羽田空港 B787-9 ANA 沖縄 プレミアムクラス 那覇 E6系 仙台 JR東日本 東北新幹線 E5系 宮城峡蒸溜所 仙山線 E721系 仙台市交通局 大阪 伊丹空港 B787-8 B767-300 A321 高知 JR四国 土佐久礼 2700系 土讃線 とさでん 2000系 土佐くろしお鉄道 中村 中村線 四万十川 窪川 松山 予土線 キハ32形 宇和島 予讃線 伊予鉄 高松 8000系 ことでん バンコク タイ ビジネスクラス 北谷 名古屋 東海道新幹線 近鉄 JR東海 ひのとり 近鉄特急 徳島 A320 高徳線 鳴門線 徳島バス A380-800 成田空港 B737 ソラシドエア 鹿児島 鹿児島市電 キハ40系 指宿枕崎線 JR九州 鹿児島交通 肥薩線 熊本 キハ185系 熊本市電 鹿児島本線 豊肥本線 南阿蘇鉄道 JAL 長崎 長崎電気軌道 キハ66系 福岡 885系 800系 九州新幹線 北九州 883系 大分 日豊本線 787系 宮崎 783系 タイ国鉄 ビスタカー 伊勢志摩ライナー B777-300 大島 奈良 青の交響曲 吉野 B777-200 DHC8-Q400 南海 高野山 韓国 ソウル アシアナ航空 タイ国際航空 B747-400 サイパン 北マリアナ諸島 スカイマーク チェンライ エアアジア ウィーン オーストリア レイルジェット ウィーン市交通局 OBBオーストリア鉄道 関西空港 ウエストバーン リンツ ペストリングベルク鉄道 ホーチミン ベトナム ベトジェット ミャンマー マンダレー バガン ゴールデン・ミャンマー航空 ニャウンウー ATR72 ヘーホー ヤンゴン メークロン線 ロシア S7航空 ウラジオストク エチオピア航空 アディスアベバ エチオピア 南アフリカ ケープタウン キリマンジャロ 香港 シンガポール チェンマイ A350-900 ルアンパバーン ラオス航空 ラオス エアフォース・ワン C-32 B757 シンガポール航空 フランス パリ TAPポルトガル航空 リスボン A319 ポルトガル シントラ ブリュッセル航空 ブリュッセル ベルギー 台湾 台北 ユニー航空 金門 厦門 中国 A330-300 パタヤ 兄島 小笠原 父島 南島 クアラルンプール マレーシア ブルネイ バンダルスリブガワン リンバン ラワス コタキナバル おがさわら丸 石垣島 ダナン 那覇空港 宮古島 与論島 喜界島 徳之島 沖永良部島 三宅島 八丈島 プレミアム・エコノミー メキシコ メキシコシティ テオティワカン アエロメヒコ航空 ハバナ キューバ アテネ エーゲ航空 ギリシャ ラルナカ キプロス ニコシア 北キプロス ギルネ タリス ハノイ エバー航空 チェンセン メーサイ タチレク カンボジア シェムリアップ プーケット 釜山 KORAIL 下関 関釜フェリー 山陽本線 山陽新幹線 JR西日本 クラスJ 新千歳空港 キャセイパシフィック航空 ベトナム航空 ペナン マレー鉄道 チャイナエアライン A340-300 中国国際航空 北京 札幌 セントレア F1 福岡空港 大韓航空 A300-600 熱海 浜松 豊橋 東海道本線 松阪 関西本線 名松線 紀勢本線 伊勢 阪堺電車 

スポンサーリンク

プロフィール

jonpan

Author:jonpan
酒好きな年寄り。
有名観光地に行くというよりは、その場に漂う空気感が好きで居心地のいい場所を探し求めてる。居心地のいい場所へは何度でも行く方なので、旅行回数の割に訪問国は増えていない。国境、辺境好き。
海外旅行回数162回、訪タイ回数90回。日本を除いて44か国、7地域。大陸はオーストラリアと南極を残してる。(2022年12月現在)