fc2ブログ

記事一覧

日本航空 B747-400国内線(1)

061031_27.jpg

ANAをやるんならJALもやります。JALのB747は経営破綻で予定より前倒しで2010~2011年にかけて退役しました。2011年は私個人も厳しい頃なので、追いかける余裕はありません。

写真が見つかったのは2006年10月のもの。既に10年前の写真です。この月末には4回目のRTWをしてる頃なので、本当、一昔前です。

ここで、なぜ出かけたか?日曜発、月曜着の不可解な日程と調べてみたら、7月14日、JALとJASの経営統合を記念して、10月1日(日)~5日(木)でスペシャル・バーゲンフェアを8000円で発売を発表(8月1日予約開始)。その4日後にANAが同じ期間で超割スペシャルを7700円で発売。JALも同日中に値下げ。この頃は超割など、突然、国内旅行をに出かけたくなるような安い料金がありました。当時も今もスターアライアンス優先ですが、国内はANAもJALも等しく乗っていた頃なので、JALにしました。たぶん、国内線のB747の機内撮影をもくろんでいたのだと思います。

061031_01.jpg
2006年10月1日日曜日
これが搭乗機と思い込んでましたが、どう見ても18番でなく17番ゲートです。

061031_02.jpg
実は1便早い17番出発の札幌行きがディレイ。30分遅い18番出発の便が先に出発する状況でした。この写真でも判るように18番ゲートの機を前の写真のアングルでは撮影できません。

061031_03.jpg
手前のB777-300がディレイした札幌行き。奥のB747-400が搭乗予定です。

061031_04.jpg
日本アジア航空のB747-300。当時2機しかなかったらしい。成田でなく、この時間の羽田で見られるとは…?
JALと一緒になる前に乗ってみたかったです。

061031_05.jpg
JL1029 羽田 15:30-札幌 17:00 B747-400
今だったら、直前までしつこく撮るのでしょうが、当時はあっさりしたもんです。

061031_06.jpg
シートは76A。ANAでは経験ですることなかった階段上の窓際です。

061031_07.jpg

061031_08.jpg
予定外だったのは階段を閉鎖された事。機内散歩は諦めました。

061031_09.jpg

061031_10.jpg
揺れもあり、綺麗に撮れませんでした。アッパーデッキは61~76列。

061031_11.jpg
北海道に入りました。

061031_12.jpg
離着陸時は扉が開かれます。

061031_13.jpg

061031_14.jpg
札幌到着。当時はニューカラーのアークです。

この夜は寿司を食べたらしいですが、写真がありません。

061031_15.jpg
2006年10月2日月曜日

061031_16.jpg
帰りの機はオールドカラー(2世代前)です。

061031_17.jpg
このカラーリングは好きです。

061031_18.jpg
ここでサクララウンジ。実はここに入ったのが失敗?
予約時と状況が変わり、この時は北海道の会社の仕事をすることとなりました。入ってみると何人か知った顔が遠くにいます。隠れるようにトイレに行ったら、一番、私の事を知っている、ここでは会いたくない人と顔を会わせてしましました。
ということで、帰りの機内散歩も諦めます。ここに入った事で恥をかかずに済みました。

061031_19.jpg
JL1008 札幌 11:05-羽田 11:40 B747-400

061031_20.jpg
席はクラスJ先頭の81A。

061031_21.jpg
Aコンパートメントには居ないようですが、振り返りません。

061031_22.jpg

061031_23.jpg
基本、クラスJはエコノミーと同一のサービスですが、たまに茶菓子がつくことがあります。

061031_24.jpg

061031_25.jpg
羽田到着で初めて、後ろを振り返ります。

061031_26.jpg
747先頭ならではの写真を撮ったら、さっさと降ります。

061031_27.jpg
でかいながら、高速性も追求した流線型のノーズ。747は恰好よい。

この日は午後から出勤。出発前も別件で土日は休日出勤。もう、こんな勤務はしたくありません。

JALの国内線では、この後もB747国際線機材に乗ってるようですが、仕事絡みで写真がありません。
もう一つ、国内線機材で2008年2月に沖縄に出かけてるらしい。写真がなかなか見つかりませんでしたが、何かしらある筈だと探してみたら見つかりました。747シリーズは今回が最後の予定でしたが、予定を変更し、次回は沖縄往復です。


JAL国内線B747-400の海外旅行と絡めての搭乗記です。
JL1711 羽田-福岡(2005年8月)クラスJ

国際線B747は既に以下のページに記載してます。

日本航空 B747-400(L17)
日本航空 B747-400(K13)
日本航空 B747-300(S05)
日本航空 B747-200(B35)

エアライン

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ

ユーザータグ

シドニー A320 オーストラリア メルボルン ジェットスター A321 ANA B787-9 羽田空港 沖縄 那覇 プレミアムクラス 仙台 JR東日本 E6系 東北新幹線 E5系 宮城峡蒸溜所 仙山線 E721系 仙台市交通局 伊丹空港 大阪 B787-8 B767-300 高知 JR四国 土讃線 2700系 土佐久礼 とさでん 2000系 中村 中村線 土佐くろしお鉄道 四万十川 窪川 予土線 宇和島 キハ32形 松山 予讃線 伊予鉄 高松 8000系 ことでん バンコク タイ ビジネスクラス 北谷 東海道新幹線 ひのとり 名古屋 JR東海 近鉄特急 近鉄 徳島 鳴門線 高徳線 徳島バス A380-800 成田空港 ソラシドエア 鹿児島 B737 鹿児島市電 JR九州 指宿枕崎線 キハ40系 鹿児島交通 肥薩線 熊本 キハ185系 熊本市電 鹿児島本線 豊肥本線 南阿蘇鉄道 JAL 長崎 長崎電気軌道 キハ66系 885系 福岡 九州新幹線 800系 北九州 883系 日豊本線 大分 787系 宮崎 783系 タイ国鉄 ビスタカー 伊勢志摩ライナー B777-300 大島 奈良 青の交響曲 吉野 B777-200 DHC8-Q400 南海 高野山 アシアナ航空 ソウル 韓国 B747-400 タイ国際航空 北マリアナ諸島 スカイマーク サイパン エアアジア チェンライ ウィーン オーストリア レイルジェット ウィーン市交通局 OBBオーストリア鉄道 関西空港 ウエストバーン リンツ ペストリングベルク鉄道 ベトナム ホーチミン ベトジェット マンダレー ミャンマー ゴールデン・ミャンマー航空 バガン ニャウンウー ATR72 ヘーホー ヤンゴン メークロン線 ロシア S7航空 ウラジオストク アディスアベバ エチオピア航空 エチオピア ケープタウン 南アフリカ キリマンジャロ 香港 シンガポール チェンマイ A350-900 ルアンパバーン ラオス ラオス航空 C-32 エアフォース・ワン B757 シンガポール航空 フランス パリ リスボン TAPポルトガル航空 ポルトガル A319 シントラ ブリュッセル航空 ブリュッセル ベルギー 台湾 台北 ユニー航空 金門 厦門 中国 A330-300 パタヤ 兄島 小笠原 父島 南島 マレーシア クアラルンプール バンダルスリブガワン ブルネイ リンバン ラワス コタキナバル おがさわら丸 石垣島 ダナン 那覇空港 宮古島 与論島 喜界島 徳之島 沖永良部島 三宅島 八丈島 プレミアム・エコノミー メキシコ メキシコシティ テオティワカン アエロメヒコ航空 ハバナ キューバ アテネ エーゲ航空 ギリシャ ラルナカ キプロス ニコシア 北キプロス ギルネ タリス ハノイ エバー航空 チェンセン メーサイ タチレク カンボジア シェムリアップ プーケット KORAIL 釜山 関釜フェリー 下関 山陽本線 山陽新幹線 JR西日本 クラスJ 新千歳空港 キャセイパシフィック航空 ベトナム航空 ペナン マレー鉄道 チャイナエアライン A340-300 中国国際航空 北京 札幌 セントレア F1 福岡空港 大韓航空 A300-600 熱海 豊橋 東海道本線 浜松 関西本線 松阪 名松線 紀勢本線 伊勢 阪堺電車 

スポンサーリンク

プロフィール

jonpan

Author:jonpan
酒好きな年寄り。
有名観光地に行くというよりは、その場に漂う空気感が好きで居心地のいい場所を探し求めてる。居心地のいい場所へは何度でも行く方なので、旅行回数の割に訪問国は増えていない。国境、辺境好き。
海外旅行回数162回、訪タイ回数90回。日本を除いて44か国、7地域。大陸はオーストラリアと南極を残してる。(2022年12月現在)