fc2ブログ

記事一覧

シュエダゴン・パゴダ(2)(2018年9月)

今回もシュエダゴン・パゴダです。シン・イザーゴナ仏像。両目の大きさが違うようですが、この写真では判りません。境内の北西にも小さな仏塔があります。ボー・ミン・ガウン像。ターヤーワディ―王の鐘。東側のカクタン仏を祀る堂。拝むことのできないルビーの眼の仏像を写すモニター。西側にあったモニターも同じかも知れません。生まれは月曜日。祈る場所はここです。子供を抱いたブラフマー。ボー・ボー・ヂー像。一周しました...

続きを読む

シュエダゴン・パゴダ(1)(2018年9月)

ヤンゴンと言ったら、まずはここ。シュエダゴン・パゴダへ向かいます。ヤンゴン国際空港到着ロビー。国際線ターミナルを出て国内線ターミナルへ向かいます。この後に利用するターミナルを、ちょっと下見。タクシーでシュエダゴン・パゴダへ。ロンジー姿が目に付きます。シュエダゴン・パゴダが見えてきました。空港から1時間程かかったようです。西参道から入ります。裸足でエスカレーターに初めて乗りました。溝の感覚が今までに...

続きを読む

FD251 ヤンゴン行き(2018年9月)

エアアジアでヤンゴンへ向かいます。9月3日月曜日早朝4時過ぎに起きました。部屋に配られたお菓子を食べながら出発準備です。早朝のドンムアン空港でチェックイン。ホテルにスーツケースを預けたので手軽。荷物代も考える必要がありません。6時を過ぎ、真っ暗だった外も明るくなりました。待ち時間に朝ビール。FD251 バンコク・ドンムアン 7:15-ヤンゴン 8:00 A320-200出発時刻40分前の搭乗時刻。それから15分程かかって機内へ向か...

続きを読む

バンコク二日目(2018年9月)

前日に出かけた分、この日は殆どホテルです。ルンピニー公園からの帰り。今回はホテルの朝食が別料金なので、屋台の麺が朝食です。ホテルに戻れば、プールでだらだら過ごします。一泳ぎしたらビール。珍しいものを飲んでます。ピニャコラーダかな?記憶に残ってません。時刻は12時半。昼食はカオソーイ。2時過ぎ、フォーポイントバイシェラトンへ移ります。宿泊費の節約です。マッサージ帰りに一口。暗くなってからは屋上のアンバ...

続きを読む

ルンピニー公園(2018年9月)

初日夜と翌朝は恒例のルンピニー公園へ行きます。夕食はシーロムのタラートナーム・シーフード。貝の炒め物。夜に米を食べなくなったが、この日は無性にカオパット・プー(蟹肉)が食べたくて、気楽で量も手頃な、ここに来たのだろうと。食後はタニヤ。フーターズのバンコク3号店がこの年の5月にオープン。ルンピニー公園を外から眺め、MRTで帰ります。9月2日日曜日やっと2日目に入りました。遊歩道を通り、ルンピニー公園へ朝ラン...

続きを読む

メークロン線(4)(2018年9月)

メークロン線(東線)でバンコクに戻ります。検車機能のあるマハチャイ駅。ここからバンコクのウォンウィエンヤイまで、まだ1時間程かかります。ここからは概ね1時間に1本と本数があります。次は13時15分発。10分程で出発します。市場のような駅ですが、そのまま列車に乗り込みます。今回はエアコン付きの2等車。検札時に追加で15バーツ。運賃より高いですが合計しても100円になりません。約10分遅れで出発。ここも線路際に市場が...

続きを読む

メークロン線(3)(2018年9月)

バーンレムからマハチャイへ渡ります。駅の出口は乗ってた列車の先頭の方です。メークロン線の時刻表。バーンレム駅。駅の前はターチン川です。隣には列車から見えた大仏が見えます。駅から渡し舟の乗り場へ向かいます。列車の発着にあわせ駅前からも渡し舟があった筈ですがありません。アーケードの様な造りの通路の先が乗り場です。乗船した頃、対岸の舟がこちらに向かってます。すぐにこちらも出発。2分程で対岸に。右の建物で9...

続きを読む

メークロン線(2)(2018年9月)

バーンレムまでの車窓です。メークロンからバーンレムまでは60分。団体客が降りると残り30分程です。ガラガラ。席を移動しました。小川を越える小さな勾配。なかなか大きな道ですが、ここは遮断機がありません。黄金に輝く大仏が見えます。終点のバーンレムです。団体客の乗降で時間がかかったのか12時37分、7分遅れの到着でした。車体には小舟の模様。沿線にある水上マーケットのイメージでしょうか。海外旅行(2018)...

続きを読む

メークロン線(1)(2018年9月)

メークロンを出発します。11時30分。定刻どおり出発です。駅から市場へゆっくり進みます。市場をゆっくり進みます。反対側は写真を撮った果物屋かな?カーブが終わると速度が上がってきます。席の反対側はトイレです。前の車両から車掌が検札してます。こういうことです。二駅目で多数の客が下車します。更に二駅。ここでも多くの客が下車します。ガイドの様な人。団体客はここからバスに乗るようです。前方はかなりの空席。日本人...

続きを読む

メークロン(2)(2018年9月)

メークロンに列車が到着です。このように観光客が列車待ちしてます。ディーゼルの音が聞こえてきます。駅到着の1分前。列車がゆっくり来ます。ギリギリまで粘ってたら、シャッターのタイミングがずれてしまった。列車到着の直前で、行き場を失った欧州系外国人に目の前に割り込まれ、せっかくの好位置が、肘が邪魔です。列車が通れば、そこには写真を撮る観光客。バサッ!すぐにテントが覆われます。バサッ!表通りに出て、駅まで...

続きを読む

メークロン(1)(2018年9月)

メークロンの駅から市場へ向かいます。線路の終端へ行ってみます。メークロン川の手前で線路が途切れます。この川の上流に「戦場にかける橋」のクワイ川鉄橋(メクロン河永久橋)があるらしい。渡し船が対岸を結びます。11時30分の列車に乗る予定ですがチケットの販売はしてません。到着までまだ50分近くあります。メークロンの駅を見に来た訳ではありません。踏切の先に続く線路上の市場がここの見所。線路際までせり出す什器。今...

続きを読む

カテゴリ

ユーザータグ

オーストラリア シドニー 羽田空港 B787-9 ANA 沖縄 プレミアムクラス 那覇 E6系 仙台 JR東日本 東北新幹線 E5系 宮城峡蒸溜所 仙山線 E721系 仙台市交通局 大阪 伊丹空港 B787-8 B767-300 A321 高知 JR四国 土佐久礼 2700系 土讃線 とさでん 2000系 土佐くろしお鉄道 中村 中村線 四万十川 窪川 松山 予土線 キハ32形 宇和島 予讃線 伊予鉄 高松 8000系 ことでん バンコク タイ ビジネスクラス 北谷 名古屋 東海道新幹線 近鉄 JR東海 ひのとり 近鉄特急 徳島 A320 高徳線 鳴門線 徳島バス A380-800 成田空港 B737 ソラシドエア 鹿児島 鹿児島市電 キハ40系 指宿枕崎線 JR九州 鹿児島交通 肥薩線 熊本 キハ185系 熊本市電 鹿児島本線 豊肥本線 南阿蘇鉄道 JAL 長崎 長崎電気軌道 キハ66系 福岡 885系 800系 九州新幹線 北九州 883系 大分 日豊本線 787系 宮崎 783系 タイ国鉄 ビスタカー 伊勢志摩ライナー B777-300 大島 奈良 青の交響曲 吉野 B777-200 DHC8-Q400 南海 高野山 韓国 ソウル アシアナ航空 タイ国際航空 B747-400 サイパン 北マリアナ諸島 スカイマーク チェンライ エアアジア ウィーン オーストリア レイルジェット ウィーン市交通局 OBBオーストリア鉄道 関西空港 ウエストバーン リンツ ペストリングベルク鉄道 ホーチミン ベトナム ベトジェット ミャンマー マンダレー バガン ゴールデン・ミャンマー航空 ニャウンウー ATR72 ヘーホー ヤンゴン メークロン線 ロシア S7航空 ウラジオストク エチオピア航空 アディスアベバ エチオピア 南アフリカ ケープタウン キリマンジャロ 香港 シンガポール チェンマイ A350-900 ルアンパバーン ラオス航空 ラオス エアフォース・ワン C-32 B757 シンガポール航空 フランス パリ TAPポルトガル航空 リスボン A319 ポルトガル シントラ ブリュッセル航空 ブリュッセル ベルギー 台湾 台北 ユニー航空 金門 厦門 中国 A330-300 パタヤ 兄島 小笠原 父島 南島 クアラルンプール マレーシア ブルネイ バンダルスリブガワン リンバン ラワス コタキナバル おがさわら丸 石垣島 ダナン 那覇空港 宮古島 与論島 喜界島 徳之島 沖永良部島 三宅島 八丈島 プレミアム・エコノミー メキシコ メキシコシティ テオティワカン アエロメヒコ航空 ハバナ キューバ アテネ エーゲ航空 ギリシャ ラルナカ キプロス ニコシア 北キプロス ギルネ タリス ハノイ エバー航空 チェンセン メーサイ タチレク カンボジア シェムリアップ プーケット 釜山 KORAIL 下関 関釜フェリー 山陽本線 山陽新幹線 JR西日本 クラスJ 新千歳空港 キャセイパシフィック航空 ベトナム航空 ペナン マレー鉄道 チャイナエアライン A340-300 中国国際航空 北京 札幌 セントレア F1 福岡空港 大韓航空 A300-600 熱海 浜松 豊橋 東海道本線 松阪 関西本線 名松線 紀勢本線 伊勢 阪堺電車 

スポンサーリンク

プロフィール

jonpan

Author:jonpan
酒好きな年寄り。
有名観光地に行くというよりは、その場に漂う空気感が好きで居心地のいい場所を探し求めてる。居心地のいい場所へは何度でも行く方なので、旅行回数の割に訪問国は増えていない。国境、辺境好き。
海外旅行回数162回、訪タイ回数90回。日本を除いて44か国、7地域。大陸はオーストラリアと南極を残してる。(2022年12月現在)