fc2ブログ

記事一覧

朝の光景(2016年9月)

ホテルへ戻る前のサッカリン通りと朝食です。サッカリン通りを歩いてると学校がありました。バイクでの送りが殆どです。学校の入口で飲み物、お菓子が売られてます。授業前に掃除をするんですね。先程の僧侶の学校とは違う学校へ向かうようです。7時45分頃、ホテルに戻ります。2階の鎧戸が閉まってる窓から奥の部屋に泊まってます。こちらの夫妻が隣り部屋の客です。メコン川を眺めながらの朝食。最後にミー・クアというラオス風焼...

続きを読む

プーシーの丘(2)(2016年9月)

プーシーの丘をカーン川の方へ下ります。階段を下ってると目の前に仏像が見えてきます。ふもとの寺の裏手のようです。仏足石があるようです。足跡にするとでかい。この建物で寝起きしてるようです。カーン川沿いの道に降りてきました。托鉢を終えた僧侶が出かけて行きます。ここを左折しメコン川に出た所がホテルです。僧侶の学校でしょうか。僧侶はここに入ってゆきます。朝の光景がまだ続きます。海外旅行(2016)...

続きを読む

プーシーの丘(1)(2016年9月)

朝食前にプーシーの丘に登ります。6時20分。ビラ・サンティ・ホテル前に最後の托鉢の一団。左の緑がプーシーの丘。昨夜も見たパバーン像安置祠の所から登ります。この階段を登った所で料金を払ったと思います。料金を払って5~6分。階段を登りました。登ってきたのがこちら側。メコン川が流れてます。反対側はカーン川が流れてます。ルアンパバーン空港。あまり写ってませんが、朝から観光客も多い。登ってきたのとは別の登り口。...

続きを読む

ルアンパバーンの托鉢(1)(2016年9月)

ルアンパバーン観光のハイライトでもある托鉢見物です。9月6日火曜日5時半前にホテルを出ます。サッカリン通りへの道は照明がありません。サッカリン通りのホテルから一番近い寺。ワット・セーンに来ました。写真は明るく写ってますが、実際は真っ暗です。5時45分。ワット・シェントーンの方から最初の托鉢の一団が来ました。実際はまだ暗い。5時50分。ワット・セーンからも托鉢の一団が出発。ワット・セーンからの出発を待つので...

続きを読む

ナイト・マーケット(2016年9月)

スコールが上がったのは7時過ぎ。すっかり暗くなったルアンパバーンです。スリーナーガスというホテル、レストラン。ルアンパバーンのメイン通り。サッカリン通り、途中でシ-サワンウォン通りと名前を変えます。しばらく進むとナイト・マーケットがあります。旧王宮だったルアンパバーン国立博物館。この建物はパバーン像安置祠。何かすごいものが売られてます。シ-サワンウォン通りを右に入ると屋台街があります。豚肉とソーセ...

続きを読む

ザ・ベル・リヴ・ブティック・ホテル(2016年9月)

ルアンパバーンのホテルをどうするか悩みましたが、行きつけのバーの飲み友達が前年か前々年にルアンパバーンに行った事を思い出し、このホテルを教えてもらいました。2000バーツをキープに両替。乗り合いタクシーだった気がしますがホテルへ向かいます。カーン川の橋を渡ります。正面にプーシーの丘。カーン川。左に曲がるとすぐにメコン川が見えます。空港から15分程。メコン川に突き当たった道を左に曲がった所がザ・ベル・リヴ...

続きを読む

FD1030 ルアンパバーン行き(2016年9月)

今回は以前から行きたいと思っていたラオスの古都、ルアンパバーンに向かうことにしました。今回もエアアジアです。出発までにサンドウィッチの昼食。FD1030 バンコク・ドンムアン 14:10-ルアンパバーン 15:30 A320-200珍しく1列目に一人。ドンムアンでいつも気になるSiam Air。誘導路近くに鳥。2列目に3人。3~5列目のホットシートに乗客が居ません。離陸から57分。雲の切れ目からダムが見えます。メコン川と思い込んでましたが、...

続きを読む

バンコク一泊目(2016年9月)

次の目的地に向かう前にバンコクで一泊です。タクシーで中心部へ。着陸時に一際高く目立ったバイヨークスカイ。まずはル・メリディアン・バンコク。顔見知りに歓迎されます。マッサージから戻ってくると妖しい雲行き。ホテル内で飲むので雨は降ったかどうだったか?夕食はトンローのフィフティ・フィフス。また遠くまで来ました。クン・ナンプラー。定番のオースワン。アソーク。2ヵ月前はここの屋台飲み屋に行きましたが、屋台の...

続きを読む

TG404 バンコク行き(2)(2016年9月)

B747でバンコクへ向かいます。この年の6月。ユナイテッド航空がこのB787でサンフラシスコ・シンガポール間のノンストップ便を開始。成田からシンガポールへの便が無くなりました。10月からはシンガポール航空も同区間のノンストップ便が飛びます。昨年はブルネイでした。アッパーの乗客は8人。ファーストはビジネス開放。国内利用だとよく座らせてもらいましたが、このタイプは初めてです。1列目の2席以外は客が居ます。1階のビジ...

続きを読む

TG404 バンコク行き(1)(2016年9月)

今回、シンガポール行きで発券したのも、バリ島から東南アジア最後の国、東ティモールと最後の大陸オーストラリアのダーウィンへ行く予定でした。しかし、東ティモールを調べると、あまり食指が動きません。結局、タイとどこか別の所へ行こうとバンコクへ向かいます。ターミナル1のSATSプレミアチェックインラウンジでチェックイン。チェックイン後の出国もスムーズです。那覇から来たのでしょうか。タイ国際航空ロイヤルシルクラ...

続きを読む

カテゴリ

ユーザータグ

オーストラリア シドニー 羽田空港 B787-9 ANA 沖縄 プレミアムクラス 那覇 E6系 仙台 JR東日本 東北新幹線 E5系 宮城峡蒸溜所 仙山線 E721系 仙台市交通局 大阪 伊丹空港 B787-8 B767-300 A321 高知 JR四国 土佐久礼 2700系 土讃線 とさでん 2000系 土佐くろしお鉄道 中村 中村線 四万十川 窪川 松山 予土線 キハ32形 宇和島 予讃線 伊予鉄 高松 8000系 ことでん バンコク タイ ビジネスクラス 北谷 名古屋 東海道新幹線 近鉄 JR東海 ひのとり 近鉄特急 徳島 A320 高徳線 鳴門線 徳島バス A380-800 成田空港 B737 ソラシドエア 鹿児島 鹿児島市電 キハ40系 指宿枕崎線 JR九州 鹿児島交通 肥薩線 熊本 キハ185系 熊本市電 鹿児島本線 豊肥本線 南阿蘇鉄道 JAL 長崎 長崎電気軌道 キハ66系 福岡 885系 800系 九州新幹線 北九州 883系 大分 日豊本線 787系 宮崎 783系 タイ国鉄 ビスタカー 伊勢志摩ライナー B777-300 大島 奈良 青の交響曲 吉野 B777-200 DHC8-Q400 南海 高野山 韓国 ソウル アシアナ航空 タイ国際航空 B747-400 サイパン 北マリアナ諸島 スカイマーク チェンライ エアアジア ウィーン オーストリア レイルジェット ウィーン市交通局 OBBオーストリア鉄道 関西空港 ウエストバーン リンツ ペストリングベルク鉄道 ホーチミン ベトナム ベトジェット ミャンマー マンダレー バガン ゴールデン・ミャンマー航空 ニャウンウー ATR72 ヘーホー ヤンゴン メークロン線 ロシア S7航空 ウラジオストク エチオピア航空 アディスアベバ エチオピア 南アフリカ ケープタウン キリマンジャロ 香港 シンガポール チェンマイ A350-900 ルアンパバーン ラオス航空 ラオス エアフォース・ワン C-32 B757 シンガポール航空 フランス パリ TAPポルトガル航空 リスボン A319 ポルトガル シントラ ブリュッセル航空 ブリュッセル ベルギー 台湾 台北 ユニー航空 金門 厦門 中国 A330-300 パタヤ 兄島 小笠原 父島 南島 クアラルンプール マレーシア ブルネイ バンダルスリブガワン リンバン ラワス コタキナバル おがさわら丸 石垣島 ダナン 那覇空港 宮古島 与論島 喜界島 徳之島 沖永良部島 三宅島 八丈島 プレミアム・エコノミー メキシコ メキシコシティ テオティワカン アエロメヒコ航空 ハバナ キューバ アテネ エーゲ航空 ギリシャ ラルナカ キプロス ニコシア 北キプロス ギルネ タリス ハノイ エバー航空 チェンセン メーサイ タチレク カンボジア シェムリアップ プーケット 釜山 KORAIL 下関 関釜フェリー 山陽本線 山陽新幹線 JR西日本 クラスJ 新千歳空港 キャセイパシフィック航空 ベトナム航空 ペナン マレー鉄道 チャイナエアライン A340-300 中国国際航空 北京 札幌 セントレア F1 福岡空港 大韓航空 A300-600 熱海 浜松 豊橋 東海道本線 松阪 関西本線 名松線 紀勢本線 伊勢 阪堺電車 

スポンサーリンク

プロフィール

jonpan

Author:jonpan
酒好きな年寄り。
有名観光地に行くというよりは、その場に漂う空気感が好きで居心地のいい場所を探し求めてる。居心地のいい場所へは何度でも行く方なので、旅行回数の割に訪問国は増えていない。国境、辺境好き。
海外旅行回数162回、訪タイ回数90回。日本を除いて44か国、7地域。大陸はオーストラリアと南極を残してる。(2022年12月現在)