fc2ブログ

記事一覧

B78822 台北行き(2)(2016年1月)

台北に到着です。ドリンクサービス。オレンジジュースかな?席は18列目。後ろからは3列目。海峡上は雲ばかり。心配した揺れはありません。台湾が見えてきました。陸地の上で一周程、旋回。淡水河を渡れば台北。新光三越のタワーが見えます。台北101を見ながらの着陸です。明日のこの時間の便で帰国予定です。6分遅れで到着。金門を後から出発した遠東航空が到着しました。トランスアジア航空は既に到着済。途中で抜かれたようです...

続きを読む

B78822 台北行き(1)(2016年1月)

台湾海峡を飛び台北へ向かいます。振動、揺れやすさからプロペラ機は好きでなく、チャイナエアライン系のマンダリン航空で渡るつもりでしたが、予約する頃には空席がなくユニー航空に乗ることとなりました。各ゲートから徒歩で乗る構造です。ちょうど台北に向かう機が到着。出発25分前。遅れてるのかな?B78822 金門 15:35-台北松山 16:45 ATR72-600ゲートから先に進む頃は15時半。ATRは初めてです。奥はトランスアジア航空と遠東...

続きを読む

金門空港(2016年1月)

古寧頭戦史館を後に空港へ戻ります。帰りはこんな門を潜りました。中華民国ながらここは福建省。現在では省という地方政府機能は凍結されてるようです。時刻は1時過ぎ。中心部で昼食。連れて行ってくれたこの店は既にラストオーダーを終えたのか、中国語でまくしたてられ追い出されます。あらためて連れてかれたのが、この通り。何でもありそうな店に入ってみます。牡蠣の入った麺と適当に頼んだもう一品は目玉焼きでした。先程の...

続きを読む

古寧頭戦史館(2)(2016年1月)

古寧頭戦史館の続きです。戸外指揮台への階段を登ってみます。戸外指揮台。海側は"NO PHOTO"と書かれていたので反対側。階下の中山室も行ってますが割愛して戦史館に戻ります。人民解放軍が上陸に使用した舟は焼かれ。ここ古寧頭に退却後、10月27日に降伏。館内には兵器も展示。蒋介石の閲兵。これが実車。この戦いの影に旧日本軍将校による軍事顧問団(白団)の存在があったことを、帰国後に知ります。戦史館の後ろ、海方向へも立...

続きを読む

古寧頭戦史館(1)(2016年1月)

慈湖三角堡から古寧頭戦史館へ行きます。慈湖三角堡の内部です。横になって撃つのだろうから高さが無く狭い。続いて古寧頭戦史館へ向かいます。10分もかからない距離です。古寧頭戦史館。古寧頭戦役で使われたM5中戦車が置かれてます。福建省泉州沖に浮かぶ島が金門。人民解放軍に占領された島から2キロ程度しか離れてない。金門の西の島が厦門。1949年10月25日。人民解放軍が上陸。3日間の戦闘結果は中華民国軍が勝利したのが古寧...

続きを読む

慈湖三角堡(2016年1月)

莒光楼、慈湖三角堡へ行きます。翟山坑道から莒光楼へ向かいます。10分程度で到着。莒光楼です。大陸反攻のシンボルとして建てられたそうです。莒光楼からの眺め。小金門島。当初、こちらも渡るつもりでしたが見所が思った以上に多く、今回は諦めました。小金門島の先に見えるのが厦門の高層ビル。金門の公衆電話。莒光楼を後に、古寧頭戦史館へ向かいます。先程、バスで抜けた島の中心を過ぎ...

続きを読む

翟山坑道(2016年1月)

空港からタクシーで島の西側を回ります。まずは翟山(てきざん)坑道です。走り出してすぐに金門高粱酒の工場が見えます。飲んだことありませんが58度もあるそうです。空港から10分程で翟山坑道到着。上陸用舟艇が目に付きます。坑道へ入ります。1960年代に造られた上陸用舟艇の秘密基地が、ここ翟山坑道。まずは階段の左側、外が見える方へ行ってみます。今は海との間は遮られてるので中では感じませんが、結構...

続きを読む

迅安 金門行き(2016年1月)

船で30分。厦門島の東方に浮かぶ台湾(中華民国)支配下の金門島に渡ります。船の2階。空いてる席に座ります。乗船が完了次第、4分早く出発です。うっすら見えてた金門島もはっきりしだします。1階には売店もあります。そろそろ到着する頃、早く降りようと並びます。金門水頭埠頭に到着。天気がいまいちで小金門も見えましたが写真映えはよくありません。到着5分後には台湾入国です。ターミナル到着側にあるユニー航空のカウンター...

続きを読む

五通埠頭(2016年1月)

金門島に渡る五通埠頭へ向かいます。1月24日日曜日。7時過ぎに朝食です。7時半過ぎに五通埠頭へ向かいます。広めのタクシーです。8時ちょうどに五通埠頭に到着です。五通埠頭。台北まで、エバー航空系ユニー航空(立栄航空)の乗船券込みの立栄金厦一條龍で予約。ユニー航空のカウンターで搭乗カードを貰い、ここで乗船券を受け取るようです。出国したら出発15分前。乗船の列に並べば乗り遅れる心配はありません。迅安 厦門五通埠...

続きを読む

カテゴリ

ユーザータグ

オーストラリア シドニー 羽田空港 B787-9 ANA 沖縄 プレミアムクラス 那覇 E6系 仙台 JR東日本 東北新幹線 E5系 宮城峡蒸溜所 仙山線 E721系 仙台市交通局 大阪 伊丹空港 B787-8 B767-300 A321 高知 JR四国 土佐久礼 2700系 土讃線 とさでん 2000系 土佐くろしお鉄道 中村 中村線 四万十川 窪川 松山 予土線 キハ32形 宇和島 予讃線 伊予鉄 高松 8000系 ことでん バンコク タイ ビジネスクラス 北谷 名古屋 東海道新幹線 近鉄 JR東海 ひのとり 近鉄特急 徳島 A320 高徳線 鳴門線 徳島バス A380-800 成田空港 B737 ソラシドエア 鹿児島 鹿児島市電 キハ40系 指宿枕崎線 JR九州 鹿児島交通 肥薩線 熊本 キハ185系 熊本市電 鹿児島本線 豊肥本線 南阿蘇鉄道 JAL 長崎 長崎電気軌道 キハ66系 福岡 885系 800系 九州新幹線 北九州 883系 大分 日豊本線 787系 宮崎 783系 タイ国鉄 ビスタカー 伊勢志摩ライナー B777-300 大島 奈良 青の交響曲 吉野 B777-200 DHC8-Q400 南海 高野山 韓国 ソウル アシアナ航空 タイ国際航空 B747-400 サイパン 北マリアナ諸島 スカイマーク チェンライ エアアジア ウィーン オーストリア レイルジェット ウィーン市交通局 OBBオーストリア鉄道 関西空港 ウエストバーン リンツ ペストリングベルク鉄道 ホーチミン ベトナム ベトジェット ミャンマー マンダレー バガン ゴールデン・ミャンマー航空 ニャウンウー ATR72 ヘーホー ヤンゴン メークロン線 ロシア S7航空 ウラジオストク エチオピア航空 アディスアベバ エチオピア 南アフリカ ケープタウン キリマンジャロ 香港 シンガポール チェンマイ A350-900 ルアンパバーン ラオス航空 ラオス エアフォース・ワン C-32 B757 シンガポール航空 フランス パリ TAPポルトガル航空 リスボン A319 ポルトガル シントラ ブリュッセル航空 ブリュッセル ベルギー 台湾 台北 ユニー航空 金門 厦門 中国 A330-300 パタヤ 兄島 小笠原 父島 南島 クアラルンプール マレーシア ブルネイ バンダルスリブガワン リンバン ラワス コタキナバル おがさわら丸 石垣島 ダナン 那覇空港 宮古島 与論島 喜界島 徳之島 沖永良部島 三宅島 八丈島 プレミアム・エコノミー メキシコ メキシコシティ テオティワカン アエロメヒコ航空 ハバナ キューバ アテネ エーゲ航空 ギリシャ ラルナカ キプロス ニコシア 北キプロス ギルネ タリス ハノイ エバー航空 チェンセン メーサイ タチレク カンボジア シェムリアップ プーケット 釜山 KORAIL 下関 関釜フェリー 山陽本線 山陽新幹線 JR西日本 クラスJ 新千歳空港 キャセイパシフィック航空 ベトナム航空 ペナン マレー鉄道 チャイナエアライン A340-300 中国国際航空 北京 札幌 セントレア F1 福岡空港 大韓航空 A300-600 熱海 浜松 豊橋 東海道本線 松阪 関西本線 名松線 紀勢本線 伊勢 阪堺電車 

スポンサーリンク

プロフィール

jonpan

Author:jonpan
酒好きな年寄り。
有名観光地に行くというよりは、その場に漂う空気感が好きで居心地のいい場所を探し求めてる。居心地のいい場所へは何度でも行く方なので、旅行回数の割に訪問国は増えていない。国境、辺境好き。
海外旅行回数162回、訪タイ回数90回。日本を除いて44か国、7地域。大陸はオーストラリアと南極を残してる。(2022年12月現在)