fc2ブログ

記事一覧

FD2791 バンコク行き(2013年12月)

バンコクからのタイ・エアアジアがほぼ定刻で到着。折り返しは30分。遅れることもなさそうで安心です。FD2791 ホーチミン 9:45-バンコク・ドンムアン 11:15 A320-200座席指定が高めのホットシートなので、一応、優先搭乗です。到着から10分程で搭乗です。搭乗が済めば、さっさと出発するところがエアアジアのいいところです。この辺りがベトナムとカンボジアの国境のようです。Krong Prey Vengという町。メコン川プノンペン上空ア...

続きを読む

タンソンニャット国際空港(2013年12月)

2泊過ごしたホーチミンから、いつものバンコクに移動です。12月7日土曜日6時過ぎに朝食です。最後の食事でフォーを食べます。7時半にチェックアウトし空港へ向かいます。踏切ですが、バイクで線路が見えません。8時前に空港に到着です。バンコクまではエアアジアです。空港の片隅にはJALの立て看板。バンコクにも乗り入れてますが、初めて見たカザフスタンからのエア・アスタナの機体。当然ながらベトナム航空が目立ちます。カンボ...

続きを読む

ホーチミンの夜(2013年12月)

昼食を付き合ってもらったら、同伴ぐらいはしないとと夕食もGと行きます。前回に続いて、Mバーです。気分のよい夕暮れです。日本語が書かれてるエレベーター内の表示。Gが迎えに来て連れてかれたのはなぜかマッサージ屋。1時間ほどマッサージ。値打ち感はバンコクの方があるかな。また、どの辺りか判らない所で夕食です。また、いっぱい頼むなあと思ってると、鍋のようです。昼も食べさせられ、ここでも食べさせられ満腹です。エビ...

続きを読む

ホーチミンの午後(2013年12月)

昨夜のカラオケ屋で今日の予定を聞かれる。特に予定は考えてないが、昼にバイン・セオを食べると伝える。日本に居るベトナム人から是非、食べてと言われたバイン・セオ。なぜかカラオケ嬢のGと昼食となりました。一方通行の道をクネクネと、どの辺りか判らないレストラン。バイン・セオその他にもいろいろ、どれだけ頼むのと品数が盛りだくさんです。正直、バイン・セオが余分でした。ただ、ライス・ペーパーで巻く食べ方はあまり...

続きを読む

マジェスティック・ホテル(2)(2013年12月)

なかなか良い感じの空間です。と、思いましたが風が無く暑い。あまり長く居ません。午前はプールに居ます。ビールでも飲みたいと思うも、人が居ません。部屋に戻る際に、103号室前を通ります。開高健の滞在していた部屋です。部屋に居る頃、マスターから電話が入ります。午後はどうしますとのことでしたが、昨夜、予定を入れてしまいました。予定を入れたことが、今思えば残念な気分です。信号の無い、この通りを渡るのが怖い。今...

続きを読む

マジェスティック・ホテル(1)(2013年12月)

2009年から2010年にかけての年末年始はホーチミンで過ごす予定で、マジェスティックホテルを予約しましたが、体調不良で旅行を取りやめたことがありました。それから4年、今回のホーチミン訪問はここで過ごすことも楽しみの一つです。12月6日金曜日部屋はドンコイ通りに面した3階です。サイゴン川も少しだけ見えます。ホーチミンのランドマークとなったビテクスコ・フィナンシャルタワー。Mバーの反対側屋上で朝食です。屋上脇に階...

続きを読む

モンド・ベトナム(2)(2013年12月)

マスターの案内で、店から数分のチュー・バーに行きました。生演奏があります。ベトナムでのバーの定義は生演奏が必須だそうです。バーカウンターは無いもののマジェスティックのMバー。モンド・ベトナムはバーを名乗れないそうです。店の外の屋台ではイカの干物。これをあぶってチュー・バーでつまみにします。この辺りはアジア共通の感覚です。マスターが言うには「やる気が無いだろう、この店」。私が好きなアジアのぬるさです...

続きを読む

モンド・ベトナム(1)(2013年12月)

マジェスティック・ホテルホーチミンで泊まるならと決めていたホテルです。比較的、安い部屋でしたが、それでもスイートです。マジェスティック・ホテル屋上のMバー。ここでモンド・バーの長谷川マスターと待ち合わせです。まずはモヒートで乾杯。夕べの川風が涼しげ。マスターはよく、ここで飲まれたそうです。マスターの案内でモンド・ベトナム到着。ホーチミン中心の統一会堂、サイゴン教会が囲む公園のハーゲンダッツの路地に...

続きを読む

CI783 ホーチミン行き(2013年12月)

日系はホーチミン着が遅い。タイ航空はバンコクとの往復が無駄。2005年以来、2度目のホーチミンはビジネスクラスが安いチャイナエアラインです。桃園空港第一ターミナルCI783 台北・桃園 14:20-ホーチミン 16:50 A340-300ウエルカムドリンクにお茶があったので、貰ってみます。この便も満席。シートは古いですがピッチは広い。シートの印象は2001年に乗ったデルタ航空のビジネス・エリートと同じようです。シーフードのクリームソ...

続きを読む

カテゴリ

ユーザータグ

メルボルン オーストラリア シドニー A321 ジェットスター 羽田空港 ANA B787-9 沖縄 プレミアムクラス 那覇 東北新幹線 JR東日本 仙台 E6系 E5系 仙山線 宮城峡蒸溜所 E721系 仙台市交通局 B787-8 大阪 伊丹空港 B767-300 高知 2700系 土讃線 JR四国 土佐久礼 とさでん 中村線 中村 2000系 土佐くろしお鉄道 四万十川 窪川 宇和島 キハ32形 予土線 松山 予讃線 伊予鉄 8000系 高松 ことでん タイ バンコク ビジネスクラス 北谷 名古屋 ひのとり 近鉄 近鉄特急 東海道新幹線 JR東海 徳島 A320 鳴門線 高徳線 徳島バス 成田空港 A380-800 ソラシドエア 鹿児島 B737 鹿児島市電 JR九州 指宿枕崎線 キハ40系 鹿児島交通 肥薩線 熊本 キハ185系 鹿児島本線 熊本市電 豊肥本線 南阿蘇鉄道 JAL 長崎 長崎電気軌道 キハ66系 福岡 885系 800系 九州新幹線 883系 北九州 日豊本線 大分 787系 宮崎 783系 タイ国鉄 ビスタカー 伊勢志摩ライナー B777-300 大島 奈良 青の交響曲 吉野 B777-200 DHC8-Q400 南海 高野山 アシアナ航空 ソウル 韓国 B747-400 タイ国際航空 北マリアナ諸島 スカイマーク サイパン エアアジア チェンライ ウィーン オーストリア レイルジェット ウィーン市交通局 OBBオーストリア鉄道 関西空港 ウエストバーン リンツ ペストリングベルク鉄道 ベトナム ホーチミン ベトジェット マンダレー ミャンマー ゴールデン・ミャンマー航空 バガン ATR72 ニャウンウー ヤンゴン ヘーホー メークロン線 S7航空 ロシア ウラジオストク エチオピア エチオピア航空 アディスアベバ ケープタウン 南アフリカ キリマンジャロ 香港 シンガポール チェンマイ A350-900 ルアンパバーン ラオス ラオス航空 エアフォース・ワン C-32 B757 シンガポール航空 フランス パリ ポルトガル A319 リスボン TAPポルトガル航空 シントラ ブリュッセル ブリュッセル航空 ベルギー 台湾 台北 ユニー航空 金門 厦門 中国 A330-300 パタヤ 兄島 小笠原 父島 南島 マレーシア クアラルンプール バンダルスリブガワン ブルネイ リンバン ラワス コタキナバル おがさわら丸 石垣島 ダナン 那覇空港 宮古島 与論島 喜界島 徳之島 沖永良部島 三宅島 八丈島 プレミアム・エコノミー メキシコ メキシコシティ テオティワカン アエロメヒコ航空 ハバナ キューバ アテネ エーゲ航空 ギリシャ ラルナカ キプロス ニコシア 北キプロス ギルネ タリス ハノイ エバー航空 チェンセン メーサイ タチレク カンボジア シェムリアップ プーケット KORAIL 釜山 関釜フェリー 下関 山陽本線 山陽新幹線 JR西日本 クラスJ 新千歳空港 キャセイパシフィック航空 ベトナム航空 ペナン マレー鉄道 チャイナエアライン A340-300 中国国際航空 北京 札幌 セントレア F1 福岡空港 大韓航空 A300-600 熱海 豊橋 東海道本線 浜松 関西本線 松阪 名松線 紀勢本線 伊勢 阪堺電車 

スポンサーリンク

プロフィール

jonpan

Author:jonpan
酒好きな年寄り。
有名観光地に行くというよりは、その場に漂う空気感が好きで居心地のいい場所を探し求めてる。居心地のいい場所へは何度でも行く方なので、旅行回数の割に訪問国は増えていない。国境、辺境好き。
海外旅行回数162回、訪タイ回数90回。日本を除いて44か国、7地域。大陸はオーストラリアと南極を残してる。(2022年12月現在)