fc2ブログ

記事一覧

Y5101 マンダレー行き(2)(2018年9月)

マンダレーへ向かいます。8時47分。離陸。バガン・ビューイング・タワーが見えます。右側にしたのも最後にもう一度、空からバガンを見たかったからです。タビィニュ寺院、ゴドーパリィン寺院、アーナンダ寺院が目立ちます。アーナンダ寺院の後ろにシュエグーヂー寺院が見えます。レイミャナー寺院、タヨッピー寺院が見えます。ダマヤンヂー寺院とスラマニ寺院。シュエサンドー・パゴダも白く輝いてます。ダマヤンヂー寺院は窓の汚...

続きを読む

Y5101 マンダレー行き(1)(2018年9月)

マンダレーを経てバンコクへ戻ります。9月6日木曜日時刻は6時半。起きたのは6時前。最後くらいは日の出を見に行こうと思ったものの、地震に反応してしまい起きられません。朝食も早く。普段以上に空いてます。セィダミン。食べ納め。モヒンガーも少し。7時過ぎ。空港へ向かいます。ゴドーパリィン寺院が遠ざかります。タビィニュ寺院。7時半前には空港です。マンダレーまでもゴールデン・ミャンマー航空です。待合室で1時間程。搭...

続きを読む

バガン三夜目(2018年9月)

ホテルで夕陽を見て、軽く夜の散歩をします。Eバイクを返却しホテルに帰ります。フロントの女性はチェックイン時の方。愛想悪い印象でしたが、満面の笑みで部屋番号も記憶されていて、さすがです。3時半過ぎ。一雨来そうな空模様。少しは雨が降ったかも知れませんが、6時頃の空模様。上のバーからビールを持ってきて、ここで飲みます。今夕はマンダレービールにしてみます。暑い雲で、少し早い日の入り。対岸に明かりが灯ります。...

続きを読む

ティーローミィンロー寺院、ブルディ(2018年9月)

ホテルへ戻りながら、ティーローミィンロー寺院等に立ち寄ります。Eバイクのバッテリーも少なくなり、よりスピードが出ません。Thakya Hit Temple。道しるべがあったので見てみます。この先にThakyapone Templeもありますがバッテリーを気にしてやめてます。また、道しるべにフラフラとShwe Leik Too Templeです。ティーローミィンロー寺院。1211年の建立。28年前に建てられたスラマニ寺院の影響を受けてるらしい。両寺院とも2016...

続きを読む

シュエズィーゴン・パゴダ(2018年9月)

ニャウンウーの街中に建つシュエズィーゴン・パゴダに行きます。ここを左折。直進すると空港です。長い直線。Eバイクの速度にイラつきます。バガン・ビューイング・タワーから約20分。シュエズィーゴン・パゴダに到着。黄金の仏塔です。1087年の建立。時刻は既に2時。ここで昼食。シャンスタイル・ライスヌードルと書かれたものを頼んでみます。辛みのあるまぜそばです。食後は寺院、仏塔に立ち寄りながら、ホテルへ帰ります。海外...

続きを読む

バガン・ビューイング・タワー(2018年9月)

バガンが世界遺産に登録されないのはゴルフ場を造ったり、このタワーを建てたことらしい。ビューイング・タワーに昇ります。バガン・ビューイング・タワー。最上階はガラスがありません。下はオーリアム・パレス・ホテル。その右奥にゴルフ場のグリーンが見えます。この方向でひときわ目立つのがシュエズィーゴン・パゴダ。この後、行きます。仏塔や寺院がいくつも。緑の覆いのティーローミィンロー寺院。ここも行きます。ダマヤン...

続きを読む

パヤートンズー寺院周辺(2018年9月)

ミン・ナン・トゥ村からバガン・ビューイング・タワーの方へ向かいます。レイミャナー寺院。寺院以外にも見所があるそうです。Sapwetin Pagoda。通り過ぎそうになったパヤートンズー寺院。三つの仏塔という意味の独特のスタイル。内部の撮影は禁止です。これもSapwetin Pagoda。タヨッピー寺院。上の寺院辺りから見るタヨッピー寺院。ナンダマンニャ寺院。ここも内部の壁画が見所ですが撮影禁止です。Winido Temple。バガン・ビュ...

続きを読む

スラマニ寺院からミン・ナン・トゥ村(2018年9月)

スラマニ寺院からミン・ナン・トゥ村を経て先に進みます。寺院がなかなか特定できず、時間がかかってしまいました。スラマニ寺院近くのTha Beik Hmauk Gu Hpaya。Tha Beik Hmauk Gu Hpayaを遠くから眺めただけで、近づいてはいないようです。この寺院はgoogle mapには"Temple"としか書かれてません。上のTempleからすぐのPyathat Gyi temple。これも検索してると尖塔が無くなってるようです。Pyathat Gyi temple。google mapには表...

続きを読む

スラマニ寺院(2018年9月)

次はスラマニ寺院に行きます。スラマニ寺院が見えてきました。思った以上の大きさです。修復中で赤い帽子を被ってます。スラマニ寺院。建立は1183年。ダヤマンヂー寺院の18年後です。あまり期待して無かった分、大きさに圧倒されました。海外旅行(2018)...

続きを読む

ダマヤンヂー寺院(2)(2018年9月)

今回もダマヤンヂー寺院です。Myauk Guni、Taung Gun。アーナンダ寺院が見えます。20分程見て、ダマヤンヂー寺院を出発します。出発してからも存在感のあるダマヤンヂー寺院です。海外旅行(2018)...

続きを読む

ダマヤンヂー寺院(1)(2018年9月)

ダマヤンヂー寺院まで来ました。遠くにタビィニュ寺院が見えます。ダマヤンヂー寺院。マヌーハ寺院前から30分。シュエサンドーパゴダ前からでも20分程かかったようです。建造年は1165年。建造してたナラトゥ王が暗殺され建造がストップ。未完成だそうです。Myauk Guni、Taung Gunからは数分です。バガンの寺院は近づくと上部が見えづらく、少し離れた場所から見た方が形が良い。未完成ながら、数々の仏像が納められてます。海外旅...

続きを読む

ダマヤンヂー寺院へ(2018年9月)

ダマヤンヂー寺院へ向かいます。オールドバガンの城壁外の道まで戻りました。昨日は歩いた、この道。シュエサンドーパゴダ前を通ります。シュエサンドーパゴダを通り過ぎ、先に進みます。ダマヤンヂー寺院が見えてきます。ピラミッドの様な存在感のあるダマヤンヂー寺院。まだまだ距離があります。まずまず大きな寺院が見えてきたので立ち寄ってみます。Myauk Guniという寺院。ここも少し前まであった尖塔が無くなってるようです。...

続きを読む

マヌーハ寺院、ナガーヨン寺院、ソーミィンヂー僧院(2018年9月)

ミィンカバー村にある寺院、僧院を回ります。ミャゼディ寺院から数分。この辺りは結構、賑わってます。1059年建立のマヌーハ寺院。建物は新しそうです。三体の座像と一体の涅槃仏がある。これは一番大きな座像。二体目。これは三体目?涅槃仏の写真が無いので見逃してます。ここは結構、物売りがしつこかった。マヌーハ寺院近くのナンパヤー寺院も見逃したようです。また数分でナガーヨン寺院に到着。1113年の建立。ここも外観の写...

続きを読む

グービャウッヂー寺院、ミャゼディ寺院(2018年9月)

バガン三日目。バガン周辺の遺跡を回ります。9月5日水曜日この日は室内で朝食です。セィダミンを多めに。モヒンガーも食べます。9時過ぎ、Eバイクを借りて出発。最後に寄ろうと思った考古学博物館は忘れてしまいました。考古学博物館の裏から城壁の外へ。南のニューバガンの方へ向かいます。バガン後期。1284年建立のミンガラー・ゼディ。修復中なのでここだけ。城壁から10数分。1113年建立のグービャウッヂー寺院。建物内にミャン...

続きを読む

バガン二夜目(2018年9月)

ホテルに戻り、二日目を終えます。バガン・タンデ・ホテル。フロントの青年から歩いてるのを見かけたそうです。歩いてる観光客なんて殆ど居ませんでしたから目立ったのかもしれません。上の写真の芝生の部分。この下が部屋になります。その後、プールで一泳ぎ。プールのバーは無人。昨夜のバーのテーブル席で一杯。2杯目は部屋に持ち帰ります。スコールのようです。ここにもスコールが来ました。対岸の仏塔。対岸の仏塔が目立ちま...

続きを読む

オールドバガンの遺跡(2)(2018年9月)

城壁内に戻り、ホテル方向へ向かいます。Ngakywenadaung。城壁外を歩いて戻ったと思ってましたが、城壁内をタビィニュ寺院から西方向へ向かったようです。Pahtothamya Temple。数年前まで、真ん中の塔が尖塔だった写真が見つかるので、上手く復旧できなかったんでしょうか?ここまで近づいて表側には回っていないようです。タビィニュ寺院から、ここの正面を通るのが最短ルートのようですが回り道してたようです。近くのMimalaung ...

続きを読む

カテゴリ

ユーザータグ

オーストラリア シドニー 羽田空港 B787-9 ANA 沖縄 プレミアムクラス 那覇 E6系 仙台 JR東日本 東北新幹線 E5系 宮城峡蒸溜所 仙山線 E721系 仙台市交通局 大阪 伊丹空港 B787-8 B767-300 A321 高知 JR四国 土佐久礼 2700系 土讃線 とさでん 2000系 土佐くろしお鉄道 中村 中村線 四万十川 窪川 松山 予土線 キハ32形 宇和島 予讃線 伊予鉄 高松 8000系 ことでん バンコク タイ ビジネスクラス 北谷 名古屋 東海道新幹線 近鉄 JR東海 ひのとり 近鉄特急 徳島 A320 高徳線 鳴門線 徳島バス A380-800 成田空港 B737 ソラシドエア 鹿児島 鹿児島市電 キハ40系 指宿枕崎線 JR九州 鹿児島交通 肥薩線 熊本 キハ185系 熊本市電 鹿児島本線 豊肥本線 南阿蘇鉄道 JAL 長崎 長崎電気軌道 キハ66系 福岡 885系 800系 九州新幹線 北九州 883系 大分 日豊本線 787系 宮崎 783系 タイ国鉄 ビスタカー 伊勢志摩ライナー B777-300 大島 奈良 青の交響曲 吉野 B777-200 DHC8-Q400 南海 高野山 韓国 ソウル アシアナ航空 タイ国際航空 B747-400 サイパン 北マリアナ諸島 スカイマーク チェンライ エアアジア ウィーン オーストリア レイルジェット ウィーン市交通局 OBBオーストリア鉄道 関西空港 ウエストバーン リンツ ペストリングベルク鉄道 ホーチミン ベトナム ベトジェット ミャンマー マンダレー バガン ゴールデン・ミャンマー航空 ニャウンウー ATR72 ヘーホー ヤンゴン メークロン線 ロシア S7航空 ウラジオストク エチオピア航空 アディスアベバ エチオピア 南アフリカ ケープタウン キリマンジャロ 香港 シンガポール チェンマイ A350-900 ルアンパバーン ラオス航空 ラオス エアフォース・ワン C-32 B757 シンガポール航空 フランス パリ TAPポルトガル航空 リスボン A319 ポルトガル シントラ ブリュッセル航空 ブリュッセル ベルギー 台湾 台北 ユニー航空 金門 厦門 中国 A330-300 パタヤ 兄島 小笠原 父島 南島 クアラルンプール マレーシア ブルネイ バンダルスリブガワン リンバン ラワス コタキナバル おがさわら丸 石垣島 ダナン 那覇空港 宮古島 与論島 喜界島 徳之島 沖永良部島 三宅島 八丈島 プレミアム・エコノミー メキシコ メキシコシティ テオティワカン アエロメヒコ航空 ハバナ キューバ アテネ エーゲ航空 ギリシャ ラルナカ キプロス ニコシア 北キプロス ギルネ タリス ハノイ エバー航空 チェンセン メーサイ タチレク カンボジア シェムリアップ プーケット 釜山 KORAIL 下関 関釜フェリー 山陽本線 山陽新幹線 JR西日本 クラスJ 新千歳空港 キャセイパシフィック航空 ベトナム航空 ペナン マレー鉄道 チャイナエアライン A340-300 中国国際航空 北京 札幌 セントレア F1 福岡空港 大韓航空 A300-600 熱海 浜松 豊橋 東海道本線 松阪 関西本線 名松線 紀勢本線 伊勢 阪堺電車 

スポンサーリンク

プロフィール

jonpan

Author:jonpan
酒好きな年寄り。
有名観光地に行くというよりは、その場に漂う空気感が好きで居心地のいい場所を探し求めてる。居心地のいい場所へは何度でも行く方なので、旅行回数の割に訪問国は増えていない。国境、辺境好き。
海外旅行回数162回、訪タイ回数90回。日本を除いて44か国、7地域。大陸はオーストラリアと南極を残してる。(2022年12月現在)