fc2ブログ

記事一覧

グリーンライン(2015年4月)

キプロスを離れる前に北キプロスとの国境(グリーンライン)を見てみます。ニコシア旧市街は数メートル、数10メートルの緩衝地帯ですが、街の外では数キロメートルの緩衝地帯となり、キプロスの島を北と南で分断してます。4月28日火曜日4泊6日の日程も帰国する日となりました。この通りを渡った先は地図上は北キプロスとなってます。パフォス門。こちら側の建物ですが厳重です。検索してみると警察署として使われてるようです。道...

続きを読む

ニコシアの夜(2)(2015年4月)

深夜の北側レフコーシャと南側レフコシアです。昼間は賑わっていた北キプロス側。しかし、夜は一転してゴーストタウンです。開いてる店がありません。ここだけが開いてました。セリミエ・ジャーミィが目に付きます。ビュユック・ハンまで来て引き返します。ギリシャ側住民の資産を接収したこともあり、南側は北側での宿泊を認めていないことも関係してるのでしょう。南側レフコシアに戻ります。グリーンライン左右の建物も通路も入...

続きを読む

ニコシアの夜(1)(2015年4月)

ニコシアも最後の夜となりました。ホテルの屋上レフコーシャの夜景セリミエ・ジャーミィが目立ちます。山肌の北キプロス国旗もイルミネーションで光ってます。星が出て、月が出て、トルコの国旗となり、上下のラインが光り北キプロス国旗となるパターンが繰り返されます。ライト・ギトニアの方へ夕食を食べに来ましたが、あまり賑わってません。水パイプ吸ってる客が目立ちます。結局、中心部に出て昼間に入った店に入ります。上の...

続きを読む

ニコシアの夕(2015年4月)

ニコシアの街を歩きホテルに戻ります。レフコシア(ニコシアのギリシャ語表記)に戻りました。クロスポイント東側の国境グリーンライン。ファネロメニ教会水パイプが置かれてます。ハマムにやってきました。エーゲ航空の機内誌に出ていた良さげな場所です。光が当たらず、モデルもいないとイマイチ決まりません。代わりに花束を持ったお爺さんで一枚。午前中に逆側から見たモスクです。ホテルに戻りシャワーを浴びて飲むビール。途...

続きを読む

公設市場(2015年4月)

ニコシアに戻り公設市場に立ち寄ります。5時前、ドルムシュでギルネを離れます。発車直前に女性が飛び乗ってきます。既に満席。席を譲ったおっさんは半ケツで座ってます。たぶん、顔見知りなんでしょう。女性は山道の途中で降りました。レフコーシャ(ニコシアのトルコ語表記)に戻ってきたようです。突然、停まって客が降りて行きます。一人、きょとんとしてると終点らしいです。知らない場所と思ったらメヴレヴィー修道場もある...

続きを読む

ギルネへ(2015年4月)

レフコーシャ(ニコシアのトルコ語表記)から北キプロスの港町ギルネへ向かいます。メヴレヴィー修道場。北の城壁まで来ました。ギルネ門門の外にはトルコ建国の父アタチュルクの像が立ってます。ギルネ門を城壁を反時計回りに進むと北キプロス大統領官邸があります。ギルネへ向かうドルムシュ(乗り合いタクシー)の乗り場へ行きます。次のドルムシュは約20分後に出るらしい。料金は5トルコ・リラ。5ユーロで5トルコ・リラのお釣...

続きを読む

セリミエ・ジャーミィ(2015年4月)

ニコシア南側からも見えていたセリミエ・ジャーミィへ行きます。ビュユック・ハン。クロスポイントを右折するとすぐにあります。何度も見ていたトルコと北キプロスの国旗。セリミエ・ジャーミィ近づく程、撮りづらくなる高い建物です。聖ソフィア大聖堂がオスマン帝国時代にモスクになったそうです。ギルネ通りを北方向へ向かいます。地図にハマムと書かれた通りとは違うようなので右折します。ビュユック・ハマム何の建物か判りま...

続きを読む

ビュユック・ハン(2015年4月)

ビュユック・ハンと言うキプロス島最大の隊商宿へ行きます。ビュユック・ハン。クロスポイントを右折するとすぐにあります。門を抜けると広い中庭が広がります。1階は取引所、倉庫として使われてたようです。中央にモスクがあるようです。2階は隊商の宿泊施設だったようです。今ではギャラリー、お店、カフェとして利用されてます。ここでもバックギャモンをしてます。反対側から外に出ます。出口左側と右側でアーチの造りが違いま...

続きを読む

クロスポイント(2015年4月)

キプロスと言ったら、昔、安いワインを買ってたぐらいの印象しかありません。ここへ来た目的は北キプロスへの入国。街の中の国境というものを見たかったのです。オナサゴル通り試飲のスムージーをいただきます。喉も乾いたのでビールです。北側は飲みにくくなるかなと思いながら飲みます。2階はこんな感じの洒落た店でした。オナサゴル通りからリドラス通りへ行き、クロスポイントへ向かいます。クロスポイントを前にして側道に入...

続きを読む

聖ヨハネ教会(2015年4月)

旧市街一の観光スポットでしょうか。聖ヨハネ教会界隈を歩きます。正面にモスクのミナレットが見えます。歩を進めると、トルコと北キプロスの国旗。北キプロスはすぐそこです。通りを左折します。こちらはギリシャ国旗が翻ってます。通りが広くなると、右側に聖ヨハネ教会が建ってます。建物自体は大きくありませんが、大主教座が置かれてます。教会の後ろに建つのが、ビザンティン美術館。教会内の宗教画は見事でした。教会の隣に...

続きを読む

ファマグスタ門(2015年4月)

ライト・ギトニアからファマグスタ門まで城壁沿いに歩きます。ライト・ギトニアから城壁方向へ向かうと中央郵便局に出ます。あまりにも小さいので旧市街を管轄するのでしょうか。図書館。地図には近くに市庁舎もあるようですが、それらしい写真がありません。城壁の下は駐車場。モスクが見えてきました。モスク前のカフェ。バックギャモンに興じてます。こちらはカードのテーブル。モスクこちらの城壁の下はサッカー場です。自由の...

続きを読む

ライキ・ギトニア(2015年4月)

この日は移動も無くニコシアで過ごします。まずは旧市街の一画、ライト・ギトニアと呼ばれる所へ行ってみます。7時には起きていたものの、朝食は9時頃となってしまいます。生野菜はトマトぐらいしかありません。ホテル内には日本料理、回転寿司、イタリアンの店も昔はあったようです。バーは朝から営業です。城壁沿いの道を歩き、ライト・ギトニアへ向かいます。昔のままの街並みが残ると言うライト・ギトニア。土産物屋が延々と続...

続きを読む

ニコシアへ(2015年4月)

ラルナカから首都ニコシアへ行きます。入国、荷物の受け取り。到着から15分程で税関を出ます。次のニコシア行きのシャトルバスは21時発。まだ40分も時間があります。水を買って飲食スペースで待ちます。ビールを買わなかったのは寝てしまうのが怖かったので。シャトルバスといっても乗り合いのバンです。発車して直ぐに寝てしまいます。ニコシアのターミナルまで35分。そこからタクシーに乗り換え、空港から45分でホリデイ・イン・...

続きを読む

カテゴリ

ユーザータグ

メルボルン オーストラリア シドニー A321 ジェットスター 羽田空港 ANA B787-9 沖縄 那覇 プレミアムクラス JR東日本 仙台 東北新幹線 E6系 E5系 宮城峡蒸溜所 仙山線 E721系 仙台市交通局 大阪 伊丹空港 B787-8 B767-300 高知 土讃線 JR四国 土佐久礼 2700系 とさでん 土佐くろしお鉄道 中村 2000系 中村線 四万十川 窪川 予土線 宇和島 松山 キハ32形 予讃線 伊予鉄 高松 8000系 ことでん タイ バンコク ビジネスクラス 北谷 JR東海 近鉄特急 名古屋 近鉄 ひのとり 東海道新幹線 徳島 A320 高徳線 鳴門線 徳島バス 成田空港 A380-800 B737 鹿児島 ソラシドエア 鹿児島市電 キハ40系 JR九州 指宿枕崎線 鹿児島交通 肥薩線 熊本 キハ185系 鹿児島本線 熊本市電 豊肥本線 南阿蘇鉄道 JAL 長崎 長崎電気軌道 キハ66系 885系 福岡 九州新幹線 800系 883系 北九州 日豊本線 大分 787系 宮崎 783系 タイ国鉄 ビスタカー 伊勢志摩ライナー B777-300 大島 奈良 青の交響曲 吉野 B777-200 DHC8-Q400 南海 高野山 アシアナ航空 ソウル 韓国 B747-400 タイ国際航空 北マリアナ諸島 スカイマーク サイパン エアアジア チェンライ ウィーン オーストリア レイルジェット ウィーン市交通局 OBBオーストリア鉄道 関西空港 ウエストバーン リンツ ペストリングベルク鉄道 ベトナム ホーチミン ベトジェット マンダレー ミャンマー ゴールデン・ミャンマー航空 バガン ATR72 ニャウンウー ヤンゴン ヘーホー メークロン線 S7航空 ロシア ウラジオストク エチオピア エチオピア航空 アディスアベバ ケープタウン 南アフリカ キリマンジャロ 香港 シンガポール チェンマイ A350-900 ルアンパバーン ラオス ラオス航空 エアフォース・ワン C-32 B757 シンガポール航空 フランス パリ ポルトガル A319 リスボン TAPポルトガル航空 シントラ ブリュッセル ブリュッセル航空 ベルギー 台湾 台北 ユニー航空 金門 厦門 中国 A330-300 パタヤ 兄島 小笠原 父島 南島 マレーシア クアラルンプール バンダルスリブガワン ブルネイ リンバン ラワス コタキナバル おがさわら丸 石垣島 ダナン 那覇空港 宮古島 与論島 喜界島 徳之島 沖永良部島 三宅島 八丈島 プレミアム・エコノミー メキシコ メキシコシティ テオティワカン アエロメヒコ航空 ハバナ キューバ アテネ エーゲ航空 ギリシャ ラルナカ キプロス ニコシア 北キプロス ギルネ タリス ハノイ エバー航空 チェンセン メーサイ タチレク カンボジア シェムリアップ プーケット KORAIL 釜山 関釜フェリー 下関 山陽本線 山陽新幹線 JR西日本 クラスJ 新千歳空港 キャセイパシフィック航空 ベトナム航空 ペナン マレー鉄道 チャイナエアライン A340-300 中国国際航空 北京 札幌 セントレア F1 福岡空港 大韓航空 A300-600 熱海 豊橋 東海道本線 浜松 関西本線 松阪 名松線 紀勢本線 伊勢 阪堺電車 

スポンサーリンク

プロフィール

jonpan

Author:jonpan
酒好きな年寄り。
有名観光地に行くというよりは、その場に漂う空気感が好きで居心地のいい場所を探し求めてる。居心地のいい場所へは何度でも行く方なので、旅行回数の割に訪問国は増えていない。国境、辺境好き。
海外旅行回数162回、訪タイ回数90回。日本を除いて44か国、7地域。大陸はオーストラリアと南極を残してる。(2022年12月現在)