fc2ブログ

記事一覧

マンリー(2023年6月)

マンリーに到着。まずはビーチの方へ行ってみます。マンリーに到着。方向転回してバックで接岸します。ちょっと船内の様子も。マンリーワーフ。ザ・コルソをビーチの方へ向かいます。St Matthews Manlyマンリービーチ。5分も経たずにビーチを後にします。ザ・コルソを離れ右へ向かいます。Manly Congregational Churchマンリーワーフからまっすぐ延びるベルグレーブ・ストリート。ベルグレーブ・ストリートで時間を潰します。海外...

続きを読む

マンリーへ(2023年6月)

シドニーフェリーに乗ってマンリーへ出かけます。3時前。次のマンリー行きは13分後。10分前にフェリーが到着。乗客が下船するまで乗船できないので10分程度の折り返し時間が取られてるようです。乗船。改札の13分後に時間どおり出航。シドニー中心部が遠ざかります。水上機が飛んでます。正面がマンリーのようです。マンリーからのフェリーとすれ違います。サーキュラーキーから20分程でマンリーに到着します。海外・国内旅行(202...

続きを読む

ロックス(2023年6月)

ダーリングハーバーよりロックスをかすめ、サーキュラーキーまで歩きます。対岸のバルメイン・イースト。天文台が見えます。ナウイコーブ。ナウイコーブからロックスの方への階段を上るとハーバーブリッジが見えます。ロックスへ来ました。ロードネルソンブリュワリー。ビール飲もうと入ってみると驚くほどに混雑。諦めます。よさげなパブがあると入ったグレンモア・ホテル。あらためて確認してみるとルーフトップがあったらしい。...

続きを読む

タウンホール(2023年6月)

タウンホールの方へ行ってみます。サーキュラーキー。まだ散歩帰りです。空港から初めて乗った時はこのロングシートでした。1階に乗ってみます。毎日のように利用してるミュージアム駅。ホテルに戻り、荷物を持って出かけます。パークストリートを進むとタウンホール(市庁舎)が見えてきます。クィーンビクトリアビルディング。ジョージストリートを走るライトレール。ビクトリア女王像。コックルベイまで来ました。ピルモントブ...

続きを読む

ミセスマッコーリーズポイント(2023年6月)

ミセスマッコーリーズポイントまで行きます。ロイヤルボタニックガーデン。海辺まで来ました。オペラハウスの対岸となります。シンガポール航空のA380が着陸しようとしてます。ロイヤルボタニックガーデン東側岬の先端、ミセスマッコーリーズポイントまで来ました。昨日も見た強襲揚陸艦キャンベラ。ここにあるのがミセスマッコーリーズチェア。ここから見るオペラハウスとハーバーブリッジが良いのですが、天気がイマイチです。ア...

続きを読む

ハイドパーク(2023年6月)

朝食後、ハイドパークに行ってみます。寝つけないのでパソコン使おうと思うとOタイプの変換プラグを用意してません。確認さえしてなかった。そもそも繋ぐための電源コードも忘れてるのでプラグ以前の話でした。USBポートがあるのでスマホの充電はできます。6月4日日曜日明け方に1,2時間くらいウトウトしたかと思います。朝食無しでしたが、どんな感じかと見てみます。野菜を欲してますがベイクドトマトぐらいしかありません。9時前...

続きを読む

サーキュラーキー(2)(2023年6月)

サーキュラーキーで日暮れを迎えます。オペラハウス。ビールを飲もうと入ったのはWahlburgers。ハンバーガー・チェーンでした。ハーバーブリッジのブリッジクライム。持ってくるのを忘れたガイドブックで行ってみようと思いましたが、時間もかかるようなので早々と諦めました。現代美術館。シドニー空港へ着陸する飛行機。午前と風向きが変わったようです。5時過ぎ。この日の日の入り時刻は4時54分でした。日も落ちた頃。一度、ホ...

続きを読む

サーキュラーキー(1)(2023年6月)

昼食を食べてオペラハウスの方へ行ってみます。まずは昼食。右は現代美術館。現代美術館には行きませんが1階のGraze MCAで昼食です。魚介のセビーチェ。白ワインでいただきます。出発の2週間前。近所の居酒屋で珍しく外国人客が1人。オーストラリア人ということでシドニーのお勧めの店を数軒、教えてもらいました。ガイドブックが役に立たない中、この情報が頼りでした。あんこう切り身のフライ。昔ほどには食べなくなりました。そ...

続きを読む

サーキュラーキーへ(2023年6月)

まずはシドニーらしい景色が見られるサーキュラーキーへ向かいます。イビススタイルズ シドニー セントラルにチェックイン。電子レンジと流し台があります。バスタブは無しです。贅沢は言いません。シドニー空港到着から1時間15分程。空港から市内も近く便利です。12時半過ぎに街中に出ます。ハイドパークのアンザック戦争記念碑。ミュージアムからサーキュラーキーへ向かいます。殆ど地下ですが2階に座ります。シドニー・ハーバー...

続きを読む

ミュージアムへ(2023年6月)

入国して、エアポートリンクでホテルのあるミュージアム駅へ向かいます。案内に従って進みます。しばらくするとeパスポート・セルフサービスの表示。ガイドブックを忘れたこともあり、入国の流れを理解してなく日本の国旗があるので並びます。キオスクでパスポートを読み取ると、画面に日本語で質問が出てきますので、回答するとチケットが発行されます。発行されたチケット。この後、スマートゲートで入国しましたので、残念なが...

続きを読む

NH879 シドニー行き(2)(2023年6月)

機内食食べて、寝て起きたらシドニーに到着です。白身魚のフライ 2種類のソースとターメリックライス。固いハーゲンダッツ バニラ。食後に日本酒。暗くなってきて番組も一段落。1時前に横になるとちょうど消灯となりました。約3時間40分後にトイレで起きます。パプアニューギニアを過ぎた辺りまで来てます。6月3日土曜日シドニー時間の6時半頃に機内が明るくなります。到着予定は9時です。NHKワールドプレミアムはみいつけた!。こ...

続きを読む

NH879 シドニー行き(1)(2023年6月)

次のバンコク行きはいつにするかと考えてると春になってました。コロナ前の倍程に航空運賃がかかってしまうと気楽に行けなくなってます。そんな折、国際線のタイムセールがあるそうなので見てみますがバンコク行きは安くありません。バンコクは対象外だったようです。タイムセールでもヨーロッパ方面は20万円超えでは割安感を感じません。アメリカ方面もホノルル、ロサンゼルスのみ安く合衆国なら他に行きたいと思うと、これも魅力...

続きを読む

NH476 羽田行き(2022年2月)

羽田へ帰ります。元々は最安値の最終便でしたが、これもまん防の影響で少し早い時間に予約変更できました。那覇空港到着エリアのそば処 琉風。帰る前に沖縄そば。折り返し羽田行きとなるNH477を出迎えます。時刻は18時19分。1分の早着でした。NH476 沖縄 19:15-羽田 21:30 B787-9(78G)当初の予約から2時間程早い便です。昨日乗ったJA936Aでした。4分の早発。最後列だったせいか離陸から35分で夕食です。スパークリングを貰います。...

続きを読む

那覇 2月26日(2022年2月)

今回は一泊二日。那覇二日目です。レンジの沖縄そば。前夜、ホテルに戻って食べたようです。2月26日土曜日9時すぎにビールと朝食。朝から、このような弁当を食べるのは珍しいです。11時にチェックアウト。那覇オーパのトランスオーシャンの営業所前。どこへ行くのも早すぎるので、那覇オーパにある県立図書館で時間を潰してました。あさひそばで昼食。また、ツチトイブキ。5時すぎに国際通りを歩いて空港へ向かいます。まだまだ人...

続きを読む

那覇 2月25日(2)(2022年2月)

ホテルにチェックイン。夕から夜の那覇です。今回は那覇東急REIホテルにチェックイン。エレベーターホールから眺めてます。前回まで利用してたアパホテルはコロナ感染者の宿泊施設になってしまったのか、予約できなくなってました。シャワーのみでバスタブはありません。県庁、市役所が目に付きます。海も見えます。朝食でも使用するラウンジで15時から18時まで泡盛が飲めます。飲みながらゆいレールを眺めます。6時半から8時過ぎ...

続きを読む

那覇 2月25日(1)(2022年2月)

初日午後の那覇です。ゆいレールで県庁前へ向かいます。ガラガラです。航空自衛隊那覇基地の展示機。F-4EJ改。F-104J。県庁前。昼食におやじ80へ行ってみますが「海悪く、漁出れず、魚がありません。2/25・26日休みます」の張り紙。近くにあった飲食店に入ってしまいます。刺身を欲してたので、メニューにあった寿しを頼んでしまいますが、ビールも発泡酒で残念な気分。節子鮮魚店で飲み直します。2月20日までまん延防止等重点措置...

続きを読む

NH467 沖縄行き(3)(2022年2月)

那覇空港に到着します。奥の方に那覇空港の滑走路が見えます。沖縄本島を回りこみ南側から着陸です。糸満港。豊崎海浜公園 。F15を見て着陸です。33番ゲートに定刻で到着。羽田から乗ってきたB787-9。ビュースポットから眺めてるとワンワールド塗装のA350が離陸します。海外・国内旅行(2022)...

続きを読む

NH467 沖縄行き(2)(2022年2月)

沖縄行きフライトが続きます。離陸から20分。朝食です。スモークダックのスライス うずらの煮卵、チキンと梅の野菜サンドイッチ、スモークサーモントラウト ワサビ菜とポテトのサラダ、ツナのホワイトロールサンド、フルーツ、カボチャとトマト ベーコン風味のスープ。いつものようにスパークリングワイン。豊橋。知多半島とセントレア。鈴鹿山脈の向こう側にうっすら琵琶湖のような…。三河湾。伊勢湾。紀伊半島に沿って南下します...

続きを読む

カテゴリ

ユーザータグ

オーストラリア シドニー 羽田空港 B787-9 ANA 沖縄 プレミアムクラス 那覇 E6系 仙台 JR東日本 東北新幹線 E5系 宮城峡蒸溜所 仙山線 E721系 仙台市交通局 大阪 伊丹空港 B787-8 B767-300 A321 高知 JR四国 土佐久礼 2700系 土讃線 とさでん 2000系 土佐くろしお鉄道 中村 中村線 四万十川 窪川 松山 予土線 キハ32形 宇和島 予讃線 伊予鉄 高松 8000系 ことでん バンコク タイ ビジネスクラス 北谷 名古屋 東海道新幹線 近鉄 JR東海 ひのとり 近鉄特急 徳島 A320 高徳線 鳴門線 徳島バス A380-800 成田空港 B737 ソラシドエア 鹿児島 鹿児島市電 キハ40系 指宿枕崎線 JR九州 鹿児島交通 肥薩線 熊本 キハ185系 熊本市電 鹿児島本線 豊肥本線 南阿蘇鉄道 JAL 長崎 長崎電気軌道 キハ66系 福岡 885系 800系 九州新幹線 北九州 883系 大分 日豊本線 787系 宮崎 783系 タイ国鉄 ビスタカー 伊勢志摩ライナー B777-300 大島 奈良 青の交響曲 吉野 B777-200 DHC8-Q400 南海 高野山 韓国 ソウル アシアナ航空 タイ国際航空 B747-400 サイパン 北マリアナ諸島 スカイマーク チェンライ エアアジア ウィーン オーストリア レイルジェット ウィーン市交通局 OBBオーストリア鉄道 関西空港 ウエストバーン リンツ ペストリングベルク鉄道 ホーチミン ベトナム ベトジェット ミャンマー マンダレー バガン ゴールデン・ミャンマー航空 ニャウンウー ATR72 ヘーホー ヤンゴン メークロン線 ロシア S7航空 ウラジオストク エチオピア航空 アディスアベバ エチオピア 南アフリカ ケープタウン キリマンジャロ 香港 シンガポール チェンマイ A350-900 ルアンパバーン ラオス航空 ラオス エアフォース・ワン C-32 B757 シンガポール航空 フランス パリ TAPポルトガル航空 リスボン A319 ポルトガル シントラ ブリュッセル航空 ブリュッセル ベルギー 台湾 台北 ユニー航空 金門 厦門 中国 A330-300 パタヤ 兄島 小笠原 父島 南島 クアラルンプール マレーシア ブルネイ バンダルスリブガワン リンバン ラワス コタキナバル おがさわら丸 石垣島 ダナン 那覇空港 宮古島 与論島 喜界島 徳之島 沖永良部島 三宅島 八丈島 プレミアム・エコノミー メキシコ メキシコシティ テオティワカン アエロメヒコ航空 ハバナ キューバ アテネ エーゲ航空 ギリシャ ラルナカ キプロス ニコシア 北キプロス ギルネ タリス ハノイ エバー航空 チェンセン メーサイ タチレク カンボジア シェムリアップ プーケット 釜山 KORAIL 下関 関釜フェリー 山陽本線 山陽新幹線 JR西日本 クラスJ 新千歳空港 キャセイパシフィック航空 ベトナム航空 ペナン マレー鉄道 チャイナエアライン A340-300 中国国際航空 北京 札幌 セントレア F1 福岡空港 大韓航空 A300-600 熱海 浜松 豊橋 東海道本線 松阪 関西本線 名松線 紀勢本線 伊勢 阪堺電車 

スポンサーリンク

プロフィール

jonpan

Author:jonpan
酒好きな年寄り。
有名観光地に行くというよりは、その場に漂う空気感が好きで居心地のいい場所を探し求めてる。居心地のいい場所へは何度でも行く方なので、旅行回数の割に訪問国は増えていない。国境、辺境好き。
海外旅行回数162回、訪タイ回数90回。日本を除いて44か国、7地域。大陸はオーストラリアと南極を残してる。(2022年12月現在)